PDナース研修会

第8回 PDナース研修会

ご挨拶

 超高齢社会を迎えパーキンソン病患者も高齢化しています。このことは今まだ医療・介護関係者、そして患者家族が想像だにしなかった、そして未解決な多くの問題点にPDの医療・ケアにあたる人たちは直面しています。
 PDは動作緩慢・歩行障害等の運動症状を主症状としますが、気分障害、消化器症状、疲労、痛みなど非運動症状が加わります。レボドパの治療はPD患者に必須ですが、運動合併症(ウエアリングオフ、ジスキネジア)はさらなるQOL低下を招くため、細やかな薬物療法や手術治療、更には、それ以上に精神的ケアと療養生活指導が重要となります。
 英国ではPDケア、マネジメントの専門家として”PD Nurse Specialist”の資格があり、他の国では”Nurse Practitioner”と呼ぶ資格を得て活動していますが、日本ではPD患者看護を専門とするPDナースの資格はありません。MDSJでは、PDの疾患、病態、治療に精通した専門職(たとえば看護師)の育成を目指し、PDナース研修会を全国で開催してきました。今回が8回目の研修会開催となり、四国では初めてとなります。PDの症状、診断、治療に関する幅広い基礎知識を習得し、患者の事例検討による実践的対応を学ぶことで、日常の患者のケア・マネジメントに直ぐに生かせる知識と手技を身につけていただけると幸いです。
 今回のテーマは題して「PD医療の主戦場は在宅と外来にあり」としました。多数の関係者の参加を希望します。

第8回PDナース研修会
オーガナイザー 山本光利
医療法人 高松神経内科クリニック・高松パーキンソン病研究所
Email:pd.takamatsu [あ] gmail [ど] com([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)

会 期:9月8日(土)9:30~16:00(受付開始9:00~予定)
会 場:かがわ国際会議場
募集人員:先着 130名
参加費:3,000円
    日本難病看護学会の認定資格更新ポイントが取得できます。
申込方法:こちら参加登録画面よりお申込みください。
詳細はプログラムをご覧ください。PDF
後 援:日本看護協会

 

過去のPDナース研修会

  オーガナイザー
MDSJ 第7回 PDナース研修会(2018.7.7) 髙橋 良輔
MDSJ 第6回 PDナース研修会(2018.2.11) 坪井 義夫
MDSJ 第5回 PDナース研修会(2017.10.28) 村田 美穂
MDSJ 第4回 PDナース研修会(2017.8.27) 望月 秀樹
MDSJ 第3回 PDナース研修会(2017.6.18) 武田 篤 
MDSJ 第2回 PDナース研修会(2017.2.4) 柏原 健一
MDSJ 第1回 PDナース研修会(2016.8.27) 村田 美穂

ページトップ↑