会則

第1章 総則
第1条 本会はMDSJ(Movement Disorder Society of Japan)と称する。

第2章 目的および事業
第2条 本会は、正会員の運動障害を中心とする疾患の診断・治療に関する臨床能力の向上、運動障害を中心とする神経科学の発展に寄与すると共に、一般市民に対する知識の普及を行うことを目的とする非営利団体である。

第3条 本会は前条の目的達成のために以下の事業を行う。
1.総会の開催、2.学術集会、3.教育研修会開催、4.その他の講演会・講習会等の開催、5.刊行物の出版、6.国際的な諸学会とくに国際運動障害学会(Movement Disorder Society)との協力活動、7.国内諸学会との協力活動、8.市民公開講座開催、9.その他本会の目的を達成するために必要な活動。

第3章 会員
第4条 本会の正会員は、本会の活動目的に賛同する医療従事者、療養・介護従事者、研究者とし、所定の入会手続を経たものとする。所定の入会手続は別途定める。また本会は、賛助会員をおくことができる。

第5条 正会員は別途定められた年会費を支払う。

第4章 役員および実行委員
第6条 本会の活動を円滑に行うため、役員と実行委員をおく。役員のみの会合を役員会とし、役員と実行委員の合同会議を実行委員会とする。(最後の図を参照)

第7条 役員の構成は次の通りとする。代表(President)、総務(Secretary)、財務(Treasurer)、次期代表(President-elect)、次期総務(Secretary-elect)、次期財務(Treasurer-elect)、前(直前の)代表(Past President)の合計7名とする。それぞれの役職の任期は2年とし、続けての再任は認めない。次期代表、次期総務、次期財務は、それぞれの任期2年を務めた後、代表、総務、財務に就任する。なお、定時コングレス開催日の末日までに65歳に達した役員(前代表は67歳)は、定年を迎えたものとして当該年度の定時コングレス終了をもって退任する。次期代表、次期総務、次期財務については、MDSJ役員選出細則に基づき、正会員の選挙により選出する。

第8条 実行委員は役員の運営業務に対して意見を述べ、決議事項の承認を行う役割がある。その構成メンバー数は8名以内とし、任期は4年とする。続けての再任は不可とする。2年毎に半数を改選する。役員と実行委員の兼任はできない。実行委員も定時コングレス開催月の末日までに65歳に達する者は、定年を迎えたものとして当該年度の定時コングレス終了をもって退任する。実行委員はMDSJ実行委員選出細則に基づき、正会員の選挙により選出する。

第9条 代表は、役員会及び実行委員会を招集し、本会の活動に必要な審議、決定を行う。

第10条 本会学術集会(コングレス)の開催・運営にあたり、組織(準備)委員長1名をおく(大会長)。大会長は実行委員会において原則として役員と実行委員の中から選出され、総会の承認を経て決定される。組織委員長の任期は前の定期学術集会の会期終了翌日から担当する学術集会の最終日までとする。

第11条 本会教育研修会の開催・運営にあたり、組織(準備)委員長を1名おく(研修会長)。研修会長は実行委員会において役員と実行委員の中から選出される。研修会長の任期は前の研修会の終了翌日から担当する研修会の終了日までとする。

第12条 本会に監事1名、次期監事1名をおく。監事は本会の会計を監査し、これを総会に報告する。監事、次期監事は役員会において役員及び実行委員経験者を中心に役員・実行委員になる年齢を過ぎたものの中から選出され(但し、監事経験者は除く)、総会の承認を経て決定される。監事の任期は2年とし、いずれも続けての再任は不可とする。次期監事は、2年間次期監事を行ったのち、監事の任につく。監事、次期監事は、代表の要請により実行委員会に参加して意見を述べることが出来る。

第5章 会議
第13条 総会は正会員により構成される。役員会及び実行委員会での決定事項は、総会において正会員に報告される。または、総会出席者の過半数の賛成をもって承認される。

第14条 定期総会は原則として年1回とし、代表がこれを招集する。定期総会の議長は代表がこれにあたる。臨時総会は代表が必要と認めた場合、あるいは全正会員数の3分の1以上、または実行委員の2分の1以上の要請があった場合、代表がこれを招集する。

第6章 学術集会
第15条 MDSJは年1回学術集会を開催する。学術集会の準備・開催(募金・経理を含む)は、実行委員会の責任において行う。

第16条 学術集会のプログラムは、実行委員会において決定する。

第17条 学術集会の大会長は実行委員会に出席して、学術集会の準備・開催の補佐を行う。

第7章 教育研修会
第18条 MDSJは年1回教育研修会を開催する。教育研修会の準備は実行委員会及び教育委員会の責任において行う。

第19条 教育研修会のプログラムは、実行委員会において決定する。

第8章 各種委員会
第20条 MDSJの組織だった運営を行うために、各種委員会を設置することができる。

第21条 会則改定委員会は、MDSJの今後のあり方について検討を進め、その運営に相応しい会則に改定する。

第22条 財務委員会は、資金の出し入れや通帳管理などを学会運営管理業者および税理士の監督のもとで行う。

第23条 教育委員会は、MDSJ主催の教育プログラムだけでなく、各地域で行われる運動障害疾患関係の教育的な催しを積極的に支援する。

第24条 広報委員会は、MDSJのホームページ管理とともに、MDSJ事業の広報活動にあたる。

第25条 各種委員会の委員長は、代表の要請により役員会及び実行委員会に参加して意見を述べることが出来る。

第9章 MDSJ Letters
第26条 MDSJは年2回、会員への情報提供を目的としてMDSJ Lettersを発行する。Lettersの内容は編集委員会で検討し、執筆者に依頼する。

第27条 MDSJ Letters編集長は、代表の要請により役員会及び実行委員会に参加して意見を述べることが出来る。

附則
 本会則は、平成24年10月12日より施行する。本会則は、今後、役員会で決定する方法に従って整備を行う。平成25年10月11日、一部改正。

<概念図>

概念図

ページトップ↑